たけぞうBLOG

iOS,XCode,Cameraなど

ruby

railsのdelay jobプロセスをmonitで監視する

投稿日:2月 8, 2017 更新日:

railsのdelayed jobプロセスが落ちている場合、自動で再起動する仕組みをmonitを使って実現します

monitのインストール


$sudo yum install monit

設定ファイル

$sudo vi /etc/monit.d/delayed-job 
下記のように編集します。
check process delayed_job with pidfile "/path/to/app/current/tmp/pids/delayed_job.pid" start program = "/bin/su - mate-dev -c 'cd /path/to/app/current; RAILS_ENV=production bundle exec bin/delayed_job start' stop program = "/bin/su - mate-dev -c 'cd /path/to/app[/current; RAILS_ENV=production bundle exec bin/delayed_job stop` 

monit自動起動設定

$sudo chkconfig monit on 
$sudo chkconfig --list | grep monit 

monit起動

$sudo service monit start 

-ruby
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

システムワイドにインストールしたrbenvを最新版に更新

rbenvインストール(していると仮定) “` # git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git /usr/local/r …

ruby on railsのjqueryバージョンを設定する

jquery-railsの対応表を確認 jquery-rails Gemfileに追記   “` gem \'jquery-rails\', \'4 …

プロフィール


1972年神奈川県生まれ。ソフトウェアエンジニアとして生きています。最近はクライアントアプリからサーバーサイドまで幅広くやってます。