DJI Mavic Mini が届いたので開封

Mavic Miniのパッケージカメラ
スポンサーリンク

DJI Mavic Miniがようやく届いたので開封しました!

Mavic Mini
Mavic Mini
Mavic Mini 領収証
Mavic Mini 領収証
Mavic Miniのパッケージ
Mavic Mini パッケージ

本体はむき出しでコントローラーは包装されていました。本体はプロペラ部分がシールで固定されています。

Mavic Mini
Mavic Mini パッケージ開封

本体を取り出すと軽い!わざわざパッケージに重量199gと書いてあるくらいなのですが、本当に軽いです。

Mavic Mini本体
Mavic Mini本体

Mavic Miniのコントローラー

コントローラーも折り畳めるので非常にコンパクトです。

Mavic Mini コントローラー
Mavic Mini コントローラー

コントローラーの側面にスマホと接続するための端子があります。私はiPhoneなのでlightning用のケーブルを使いました。他にもMicro USBとUSB Type-C用のケーブルが付属しています。

Mavic Mini コントローラー側面
Mavic Mini コントローラー側面

コントローラーとiPhoneを接続してみます。スティックは操作しやすそうです。

Mavic Mini コントローラーにiPhone XSをセット
Mavic Mini コントローラーにiPhone XSをセット

DJI Flyをインストール

コントローラーにiPhoneを接続できたので、次に専用のアプリをiPhoneにインストールします。

‎DJI Fly
‎The DJI Fly app was designed to help pilots fly drones with ease (DJI Fly is compatible with Mavic Air 2 and Mavic Mini aircraft). What’s great about DJI Fly?...
DJI Fly
AppStoreからDJI Flyをダウンロード

DJI Flyでできること

DJI Flyでできることは主に4つ。

  • Mavic Miniを操縦する際の映像表示と設定変更
  • 操作チュートリアル
  • 動画編集
  • そして飛行可能な地図情報の表示です。

DJI Flyのインストール

DJI Flyをインストールして起動すると初回はBluetoothや通知などの許可を求められるので、全て OK を選択します。

Bluetoothの使用許可

DJI FlyのBluetooth許可
写真、位置情報、通知の許可

写真へのアクセス許可

写真の許可
写真の許可

位置情報の利用許可

位置情報の許可

通知許可

通知の許可

利用規約の同意

利用規約の同意
利用規約の同意

最後にすべての設定状況を確認

設定状態を確認

DJI製品改善プロジェクトの参加確認

DJI製品改善プロジェクトの参加確認
DJI製品改善プロジェクトの参加確認

ログイン

ログインはDJIの会員登録を以前にしている場合はそのときに設定したIDとパスワードが利用できます。

ログイン画面
ログイン画面

新ユーザーガイド

Drone初心者なのできっちり新ユーザーガイドをチェックしました。

ユーザーガイド
新ユーザーガイド

違法行為にならないためにも飛行制限区域の確認は大事です。

飛行制限区域のチュートリアル

バッテリーの確認

充電は本体だけでなく、コントローラーも必要です。

離陸操作のチュートリアル

最初のセットアップはチュートリアルの通りに進めれば問題ないはずです。

電源の入れ方は注意が必要

電源を入れる方法は、電源ボタンを1回めで軽く押し、すぐに2回めを長押しすることで起動します。これはコントローラーと本体共通です。

アクティベーション

初回起動時はアクティベーションが行われます。今回はDJI Care Refreshも購入しているためアカウントの紐付けが行われ、合わせて購入した機体の補償が有効になります。

アクティベーション完了

設定完了

ようやく設定が終わり、充電が終わっていれば離陸できる状態になります。

まとめ

たけぞう
たけぞう

はじめてのDroneの設定でしたが、特に迷うこともなく設定完了することができました。あとは離陸ですが、飛行禁止区域は忘れずにチェックしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました