D800でのAF Nikkor 35mm f/2D レビュー

カメラ
スポンサーリンク

Ai AF Nikkor 35mm f/2Dは10年以上前に発売されたレンズですが、D800ではどのように映るのかチェックしてみました。

外観

見た目は最新モデルの35mm f1.8Gと比べるとアナログっぽさがあります。このあたりは好みだと思いますが、個人的にはこちらのほうが好きです。フォーカスリングはスルスルと簡単に動くので、じっくり微調整するにはちょっと使いづらいかもしれません。

仕様

焦点距離35mm
最大絞りf/2
最小絞りf/22
レンズ構成5群6枚
画角62°(FXフォーマット)44°(DXフォーマット)
最短撮影距離0.25mm
最大撮影倍率1/4.2倍
絞りの羽根枚数7枚
アタッチメントサイズ52mm
大きさ約64.5mm(最大径)×43.5mm(バヨネットマウント基準面からレンズ先端まで)
質量(重さ)約205g

設定

Aperture
  • カメラ:D800
  • ストロボ:YN560 III 2台

D800側の設定

  • モード マニュアル固定
  • シャッタースピード 1/60固定
  • ISO 100固定
  • ミラーアップ+リモートレリーズ使用

撮影データ

f2
f4
f9
f14
f18
f22

f2 f4 f9 f14 f18 f22

実際に使ってみて

35mmという使いやすい画角と、3万円程度の購入しやすい価格もあって、気兼ねなく使えるのがこのレンズの良いところです。サイズも小さめのレンズなので、スナップ写真などで持ち出すことも多いです。開放でF2あるので、日常を撮影するような用途で困ることはありません。ただ、オートフォーカスの速度は最新モデルに比べると劣ります。

Nikon 単焦点レンズ Ai AF Nikkor 35mm f/2D フルサイズ対応 posted with カエレバ ニコン Amazon楽天市場Yahooショッピング

コメント

タイトルとURLをコピーしました