DJI OSMO PocketとFIMI PALM比較

FIMI Palm AND Osmo Pocketカメラ
スポンサーリンク

昨日注文していたFIMI PALMが届いたのでDJI OSMO Pocketと撮り比べてみました。

動画設定はいずれも4K/30FPSにし、カラーはOSMO PocketがD-CLike、FIMI PALMがF-Logという設定にしてあります。

比較動画

[4K]Compare DJI Osmo Pocket vs Fimi Palm

画角の違い

まず大きな違いとしては画角にあります。OSMO Pocketは画角が狭かったのですが、FIMI Palmは画角が広いです。どちらが良いかというと、セルフィーで撮影する方は比較的広角なFIMI Palmのほうが使いやすいでしょう。私の場合は息子の撮影が多く、一概にどちらが良いかは言えないのですが広角のほうがちょこちょこ動き回る子供でもフレームに収まりやすくFIMI Palmは使い勝手が良さそうです。

音量の違い

撮影した日はわりと風が強く、マイクに風切り音がかなり入ってしまいました。OSMO Pocketのほうが少し音量が高く、音声に加えて風切り音も盛大に入っています。一方FIMI Palmはマイクの音量が小さめですが、やはり風切り音は入っています。FIMI PalmもOSMO Pocket同様にマイクが2つ、前面と側面に付いているため、撮影時に手で覆ってしまわないように注意が必要です。

その他

バッテリー

バッテリーの持ちはまだあまり良くわかりません。というのも、Osmo Pocketはもう半年以上は使用しているため、いくらかバッテリーが劣化している可能性があり私の環境では正しく比較できない状況です。ただ、FIMI Palmがめちゃくちゃバッテリーの持ちが良いというわけではなく、スマホ接続などもしなければ、おそらく2,3時間ほどは使えるのではないかという感じでした。

動画フォーマット

Osmo PocketはH.264ですが、FIMI PalmはH.265(HEVC)方式の動画フォーマットで保存できます。比較動画でもわかるとおり、素人目には画質に大差ないのですが、大きな違いはデータサイズにあります。対象の動画によって差があるのですが、H.265はH.264のおよそ半分程度のサイズで保存できます。ということは同じSDカードの容量でも、撮影可能な録画時間が2倍になるためOsmo Pocketなら256GB必要な録画時間がFIMI Palmなら128GBで済むことになります。

ディスプレイの反応性

ポケットからさっと取り出して撮影するのが醍醐味のジンバルカメラですが、Osmo Pocketに比べるとFIMI Palmはタッチパネルになっているディスプレイの反応が悪いです。設定画面を開いて、設定を変更しようと画面をタッチするときに反応しないことがちょくちょく起こります。何度かタッチすると反応してくれるのですが、この反応の悪さがストレスになることが何度かありました。

充電用LED

Osmo Pocketは充電が完了すると緑色のLEDが消灯するのですが、FIMI Palmは満充電になってもLEDが点滅したままで、いつ充電が終わったのかわかりません。また、使用時もバッテリー残量が数値で表示されないため、何%残っているのかわからずこのあたりは使い勝手があまり良くないと感じました。

まとめ

たけぞう
たけぞう

長らく競合がいなかったOsmo Pocketですが、FIMI Palmのような類似機種が販売されるようになりました。まだ使用期間が短いのでこれから色々使ってレポートしていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました