D800でのNikkor 24mm 1:2.8D レビュー

カメラ
スポンサーリンク

24mmという広角レンズがどんなものなのか好奇心があったので購入してみました。フォーカスとボケ味をテストしてみたので参考にしてください。

外観

オーソドックスなNikkorレンズデザインで、手に馴染むフォーカスリングや軽量なのも手伝ってとても扱いやすい印象です。24mmという広い画角を手軽に気兼ねなく撮りたいときに重宝しています。

仕様

焦点距離24mm
最大絞りf/2.8
最小絞りf/22
レンズ構成9群9枚
画角84°(FXフォーマット)61°(DXフォーマット)
最短撮影距離0.3m
最大撮影倍率1/8.9倍
絞りの羽根枚数7枚
アタッチメントサイズ52mm
大きさ約64.5mm(最大径)×46mm(バヨネットマウント基準面からレンズ先端まで)
質量(重さ)約270g

設定

  • カメラ:D800
  • ストロボ:YN560III 2台

D800側の設定

  • モード マニュアル固定
  • シャッタースピード 1/60固定
  • ISO 100固定
  • ミラーアップ+リモートレリーズ使用

撮影データ

f2.8
f4
f9
f14
f18
f22

f2.8 f4 f9 f14 f18 f22

実際に使ってみて

24mmという画角は人の視野よりも広いため、最初慣れるまで若干違和感があるのですが、慣れてくると50mmなどとは違う広い領域を効果的に映し出そうとする意識が働きます。レンズの画角によって同じ対象でも異なる感覚で撮影しようとする自分がいて、それがまた新鮮だったりします。そんなレンズです。

Nikon 単焦点レンズ Ai AF Nikkor 24mm f/2.8 フルサイズ対応 posted with カエレバ ニコン Amazon楽天市場Yahooショッピング

コメント

タイトルとURLをコピーしました