たけぞうBLOG

iOS,XCode,Cameraなど

iOSアプリ開発 Xcode4 XCode5

XCode4とXCode5DP5のEmpty Projectでの差分を調べてみました

投稿日:8月 20, 2013 更新日:

XCode4とXCode5DP5のEmpty Projectのファイル構成や設定の違いを調べてみました。なお、XCode5はDP5を使用しているため、正式版とは差があるかもしれないのでご了承ください。

ファイル構成の差分

XCode4 XCode5DP5
Default.png, Default@2x.png, Default-568h@2x.png 自動生成される XCAssetsに統合 (XCAssetesはXCode5から導入される画像リソース管理パッケージ方法)
テストクラスの.hファイル  自動生成される 自動生成されない

テストクラスの差分

XCode4 XCode5DP5
テストクラスの基底クラス SenTestingKit XCTest

BuildSettingの差分

XCode4 XCode5DP5
Deployment > iOS Deployment Target iOS6.1 7.0
Apple LLVM Compiler 4.2 – Language > Other C Flags 空欄 -DNS_BLOCK_ASSERTIONS=1NSAssertを無効化するフラグ参考URL http://romly.com/archives/2009/07/block_nsassert.html
Apple LLVM Compiler 4.2 – Language > Other C++ Flags 空欄 -DNS_BLOCK_ASSERTIONS=1NSAssertを無効化するフラグ参考URL http://romly.com/archives/2009/07/block_nsassert.html
Apple LLVM Compiler 4.2 – Warnings – All Languages > Mismatched Return Type戻り値の不整合を検出した際のワーニング YES NO
Apple LLVM Compiler 4.2 – Warnings – All Languages > Unused Functions未使用の関数を検出した際のワーニング NO YES
Apple LLVM Compiler 4.2 – Warnings – Objective C Undeclared Selector未宣言のセレクタを検出した際のワーニング NO YES
Asset Catalog Compiler – Options 無し
ASSETCATALOG_COMPILER_APPICON_NAME = AppIcon
(Asset Catalog App Icon Set Name = App Icon)
Asset Catalog Compiler – Options 無し
ASSETCATALOG_COMPILER_LAUNCHIMAGE_NAME = LaunchImage
(Asset Catalog Launch Image Set Name = LaunchImage)
Apple LLVM 5.0 – Language – Modules 無し
CLANG_ENABLE_MODULES = YES
(Enable Modules (C and Objective-C) = YES)
Apple LLVM 5.0 – Warnings – All languages 無し
CLANG_WARN_BOOL_CONVERSION = YES
(Implicit Boolean Conversions = YES)
Apple LLVM 5.0 – Warnings – All languages 無し
CLANG_WARN_DIRECT_OBJC_ISA_USAGE = YES_ERROR
(Direct usage of \’isa\’ 0 = Yes(treat as error))
Apple LLVM 5.0 – Warnings – Objective C 無し CLANG_WARN_OBJC_ROOT_CLASS = YES_ERROR(Unintentional Root Class = Yes(treat as error))
Apple LLVM 5.0 -Preprocessing 無し
ENABLE_NS_ASSERTIONS
     Debug YES
     Release  NO
(Enable Foundation AssertionsDebug = YES, Release = NO)

-iOSアプリ開発, Xcode4, XCode5
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

felloのiOS用サンプルアプリでプッシュ通知を受信するまでの手順

モバイルゲーム開発に必要なプッシュ通知とメッセンジャー機能、分析ツールをSDKで提供するfelloというサービスがリリースされたので、iOSの実機でプッシュ通知を受信するまでの手順をまとめてみました。

InterfaceBuilderを使わないWindowBasedプロジェクトテンプレート

普段のiPhoneアプリ開発ではInterfaceBuilderを使わないため、初期設定済みのXCodeのテンプレートを作成しました。

XCode4のビルドパス

XCode3.xのときはデフォルトのビルドパスがプロジェクトディレクトリ内のbuildディレクトリだったのが、XCode4から/Library/Developer/Xcode/DerivedData/ …

Xcode6のView Debugging使い方

View Debuggingとは? Xcode6の新機能で、iOSアプリ開発時のview階層を視覚的に確認できる機能のようです。 これまでview階層を視覚的に表示する手段がなかったので、このようなデ …
no image

wordpress snipplr plugin

snipplrを利用するにあたってwordpress用のsnipplr plug-inをインストールしました。

プロフィール


1972年神奈川県生まれ。ソフトウェアエンジニアとして生きています。最近はクライアントアプリからサーバーサイドまで幅広くやってます。