XCode4とXCode5DP5のEmpty Projectでの差分を調べてみました

XCode4とXCode5DP5のEmpty Projectのファイル構成や設定の違いを調べてみました。なお、XCode5はDP5を使用しているため、正式版とは差があるかもしれないのでご了承ください。

ファイル構成の差分

XCode4XCode5DP5
Default.png,
Default@2x.png,
Default-568h@2x.png
自動生成されるXCAssetsに統合
(XCAssetesはXCode5から導入される画像リソース管理パッケージ方法)
テストクラスの.hファイル 自動生成される自動生成されない

テストクラスの差分

XCode4XCode5DP5
テストクラスの基底クラスSenTestingKitXCTest

BuildSettingの差分

XCode4XCode5DP5
Deployment > iOS Deployment TargetiOS6.17.0
Apple LLVM Compiler 4.2 – Language > Other C Flags空欄-DNS_BLOCK_ASSERTIONS=1NSAssertを無効化するフラグ参考URL http://romly.com/archives/2009/07/block_nsassert.html
Apple LLVM Compiler 4.2 – Language > Other C++ Flags空欄-DNS_BLOCK_ASSERTIONS=1NSAssertを無効化するフラグ参考URL http://romly.com/archives/2009/07/block_nsassert.html
Apple LLVM Compiler 4.2 – Warnings – All Languages > Mismatched Return Type戻り値の不整合を検出した際のワーニングYESNO
Apple LLVM Compiler 4.2 – Warnings – All Languages > Unused Functions未使用の関数を検出した際のワーニングNOYES
Apple LLVM Compiler 4.2 – Warnings – Objective C Undeclared Selector未宣言のセレクタを検出した際のワーニングNOYES
Asset Catalog Compiler – Options無し

ASSETCATALOG_COMPILER_APPICON_NAME = AppIcon
(Asset Catalog App Icon Set Name = App Icon)
Asset Catalog Compiler – Options無し
ASSETCATALOG_COMPILER_LAUNCHIMAGE_NAME = LaunchImage
(Asset Catalog Launch Image Set Name = LaunchImage)
Apple LLVM 5.0 – Language – Modules無し
CLANG_ENABLE_MODULES = YES
(Enable Modules (C and Objective-C) = YES)
Apple LLVM 5.0 – Warnings – All languages無し
CLANG_WARN_BOOL_CONVERSION = YES
(Implicit Boolean Conversions = YES)
Apple LLVM 5.0 – Warnings – All languages無し
CLANG_WARN_DIRECT_OBJC_ISA_USAGE = YES_ERROR
(Direct usage of \’isa\’ 0 = Yes(treat as error))
Apple LLVM 5.0 – Warnings – Objective C無しCLANG_WARN_OBJC_ROOT_CLASS = YES_ERROR(Unintentional Root Class = Yes(treat as error))
Apple LLVM 5.0 -Preprocessing無し
ENABLE_NS_ASSERTIONS
     Debug YES
     Release  NO
(Enable Foundation AssertionsDebug = YES, Release = NO)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です