たけぞうBLOG

iOS,XCode,Cameraなど

iOSアプリ開発 Xcode4 XCode5

XCode4のビルドパス

投稿日:4月 22, 2011 更新日:

XCode3.xのときはデフォルトのビルドパスがプロジェクトディレクトリ内のbuildディレクトリだったのが、XCode4から/Library/Developer/Xcode/DerivedData/に変更されました。

そのままでも良いのですが、色々プロジェクトを作成していると、不要になった場合にプロジェクトディレクトリを削除するだけだとDerivedDataに作成されたファイルがごみとして残ってしまいます。

削除するように気をつけていても忘れてしまいがちなので、以前のようにプロジェクトディレクトリ内に設定変更します。

XCode4のメニューからPreference>Locations>Derived Data

ラジオボタンのDefaultをCustomに変更し、Workspace-relative path(ワークスペースの相対パス)を選択します。

テキストボックス内はDerivedDataのままでも良いですし、以前のようにbuildとしても良いと思います。

\"\"

-iOSアプリ開発, Xcode4, XCode5

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

InterfaceBuilderを使わないWindowBasedプロジェクトテンプレート

普段のiPhoneアプリ開発ではInterfaceBuilderを使わないため、初期設定済みのXCodeのテンプレートを作成しました。

Appleから”Special Opportunity 
for an Expedited Apple Watch Order”メールが届きました

今朝Appleから下記のようなメールが届きました。

iOS6以降のDisplay Portrait、Landscape指定

iOS6から画面回転の指定方法が変わったので備忘録としてまとめました。 大きく3つの指定方法がありますが、Deployment Infoから指定する方法とinfo.plistで指定する方法はほぼ同じで …

felloのiOS用サンプルアプリでプッシュ通知を受信するまでの手順

モバイルゲーム開発に必要なプッシュ通知とメッセンジャー機能、分析ツールをSDKで提供するfelloというサービスがリリースされたので、iOSの実機でプッシュ通知を受信するまでの手順をまとめてみました。

[Swift]Autolayout+UIScrollView上に動的なUITextViewを表示する

Autolayout+UIScrollView上に動的なUITextViewを表示しようと思ったのですが、なかなか一筋縄ではいかなかったので備忘録 やりたいこと StoryboardでAutolayo …

プロフィール


1972年神奈川県生まれ。ソフトウェアエンジニアとして生きています。最近はクライアントアプリからサーバーサイドまで幅広くやってます。