たけぞうBLOG

iOS,XCode,Cameraなど

iOSアプリ開発 Xcode4 XCode5

XCode4のビルドパス

投稿日:4月 22, 2011 更新日:

XCode3.xのときはデフォルトのビルドパスがプロジェクトディレクトリ内のbuildディレクトリだったのが、XCode4から/Library/Developer/Xcode/DerivedData/に変更されました。 そのままでも良いのですが、色々プロジェクトを作成していると、不要になった場合にプロジェクトディレクトリを削除するだけだとDerivedDataに作成されたファイルがごみとして残ってしまいます。 削除するように気をつけていても忘れてしまいがちなので、以前のようにプロジェクトディレクトリ内に設定変更します。 XCode4のメニューからPreference>Locations>Derived Data ラジオボタンのDefaultをCustomに変更し、Workspace-relative path(ワークスペースの相対パス)を選択します。 テキストボックス内はDerivedDataのままでも良いですし、以前のようにbuildとしても良いと思います。 \"\"

-iOSアプリ開発, Xcode4, XCode5

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Appleから”Special Opportunity 
for an Expedited Apple Watch Order”メールが届きました

今朝Appleから下記のようなメールが届きました。

[iOS]デザインパターン集

RayWenderlichで\”iOS Design Patterns\”という記事に、iOSアプリ開発で頻出のデザインパターンをわかりやすく説明しています。

CocoaPodでGHUnitをインストールする手順

GHUnitをインストールして、XCodeでシンプルなテストケースを実行するまでの手順を整理してみました。このエントリーでは下記までを対象とします。 CocoaPodのインストールとセットアップ GH …

iTunesとXCodeをインストールするスクリプト

XCodeのベータ版が出るたびにuninstallとinstallを繰り返しているので、単純なスクリプトにしてみました。 手順.1 iTunesとXCodeをここからダウンロードし、デスクトップなどに …
no image

MacPortsで”Couldn’t determine your Xcode version”エラーが出た場合の対処方法

[plain] $ port upgrade outdated [/plain] としていたら下記のようなエラーが出たので対処メモ。

プロフィール


1972年神奈川県生まれ。ソフトウェアエンジニアとして生きています。最近はクライアントアプリからサーバーサイドまで幅広くやってます。