XCode4のビルドパス

XCode3.xのときはデフォルトのビルドパスがプロジェクトディレクトリ内のbuildディレクトリだったのが、XCode4から/Library/Developer/Xcode/DerivedData/に変更されました。

そのままでも良いのですが、色々プロジェクトを作成していると、不要になった場合にプロジェクトディレクトリを削除するだけだとDerivedDataに作成されたファイルがごみとして残ってしまいます。

削除するように気をつけていても忘れてしまいがちなので、以前のようにプロジェクトディレクトリ内に設定変更します。

XCode4のメニューからPreference>Locations>Derived Data

ラジオボタンのDefaultをCustomに変更し、Workspace-relative path(ワークスペースの相対パス)を選択します。

テキストボックス内はDerivedDataのままでも良いですし、以前のようにbuildとしても良いと思います。

Xcode 4 完全攻略 posted with カエレバ STUDIO SHIN ソフトバンククリエイティブ 2012-03-29 Amazon楽天市場Yahooショッピング

たけぞう

子育てしながら仕事はアプリ開発をやってます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする