iOS6以降のDisplay Portrait、Landscape指定

iOS6から画面回転の指定方法が変わったので備忘録としてまとめました。

大きく3つの指定方法がありますが、Deployment Infoから指定する方法とinfo.plistで指定する方法はほぼ同じです。

スポンサードサーチ

Deployment Infoで指定する方法

  1. XCodeからProjectを開き、\”TARGETS\”から該当のtargetを選択
  2. 画面上部から\”Summary\”を選択し、\”Supported Interface Orientations\”でサポートしたい画面方向を選択状態にする
LifeBalance

info.plistで指定する方法

  1. XCodeからProjectを開き、\”Supporting Files\”配下にあるInfo.plistを開く
  2. \”Supported interface orientations\”のItemにサポートしたい項目を設定する
Supported

ソースコード上で指定する方法

iOS5まで使えたshouldAutoratateToInterfaceOrientation:がdeprecatedになったため、以下の手順で行う。

[objc]
– (BOOL)shouldAutorotate
{
return NO; // 画面回転をサポートしない場合はNO
}

  • (NSUInteger)supportedInterfaceOrientations
    {
    // shouldAutoratateがYESの場合のみ呼ばれる
    return UIInterfaceOrientationMaskPortrait;
    }
    [/objc]

たけぞう

子育てしながら仕事はアプリ開発をやってます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする