たけぞうBLOG

iOS,XCode,Cameraなど

iOSアプリ開発

iOS6以降のDisplay Portrait、Landscape指定

投稿日:7月 18, 2013 更新日:

iOS6から画面回転の指定方法が変わったので備忘録としてまとめました。

大きく3つの指定方法がありますが、Deployment Infoから指定する方法とinfo.plistで指定する方法はほぼ同じです。

Deployment Infoで指定する方法

  1. XCodeからProjectを開き、\”TARGETS\”から該当のtargetを選択
  2. 画面上部から\”Summary\”を選択し、\”Supported Interface Orientations\”でサポートしたい画面方向を選択状態にする

\"LifeBalance\"

info.plistで指定する方法

  1. XCodeからProjectを開き、\”Supporting Files\”配下にあるInfo.plistを開く
  2. \”Supported interface orientations\”のItemにサポートしたい項目を設定する

\"Supported

ソースコード上で指定する方法

iOS5まで使えたshouldAutoratateToInterfaceOrientation:がdeprecatedになったため、以下の手順で行う。

[objc]
– (BOOL)shouldAutorotate
{
return NO; // 画面回転をサポートしない場合はNO
}

  • (NSUInteger)supportedInterfaceOrientations
    {
    // shouldAutoratateがYESの場合のみ呼ばれる
    return UIInterfaceOrientationMaskPortrait;
    }
    [/objc]

-iOSアプリ開発
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【iOS】Audio Queue

Audio Queue とは? 音声の記録、再生を行うために使用するソフトウェアオブジェクトのこと AudioQueueRefで表現され、AudioQueue.hに宣言されている 全コーデックを取り扱 …

【iOS】Core Audio

リニアPCMについて 1チャンネル分を表す単一の数値をサンプルと呼ぶ 時間的に同じ位置にあるサンプルの集まりをフレームと呼ぶ 1つまたは複数の連続するフレームの集まりをパケットと呼ぶ
no image

wordpress snipplr plugin

snipplrを利用するにあたってwordpress用のsnipplr plug-inをインストールしました。

felloのiOS用サンプルアプリでプッシュ通知を受信するまでの手順

モバイルゲーム開発に必要なプッシュ通知とメッセンジャー機能、分析ツールをSDKで提供するfelloというサービスがリリースされたので、iOSの実機でプッシュ通知を受信するまでの手順をまとめてみました。

Appleから”Special Opportunity 
for an Expedited Apple Watch Order”メールが届きました

今朝Appleから下記のようなメールが届きました。

プロフィール


1972年神奈川県生まれ。ソフトウェアエンジニアとして生きています。最近はクライアントアプリからサーバーサイドまで幅広くやってます。