たけぞうBLOG

iOS,XCode,Cameraなど

Xcode6 開発

iOS8でCoreLocationを使用する際の注意点

投稿日:9月 3, 2014 更新日:

iOS8でiBeaconのサンプルコードを書いていたのですが、何故かプライバシー設定のダイアログが表示されず悩んでいたのですが、原因は以下のキーをInfo.plistに追加していなかったからでした。

  • NSLocationWhenInUseUsageDescription
  • NSLocationAlwaysUsageDescription

NSLocationWhenInUseUsageDescriptionはアプリ起動中のみ位置情報の利用を許可する場合のダイアログメッセージを設定するためのキーで、NSLocationAlwaysUsageDescriptionはアプリがバックグラウンドに入っている場合でも利用を許可する場合のダイアログメッセージ設定のキーです。

iOS7ではNSLocationUsergeDescriptionというキーがあり、オプションだったのですが、iOSでは上記のキーが設定されていないとダイアログそのものが表示されなくなっているようです。

\"IMG_0001\"

 

-Xcode6, 開発
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[XCode6]PaintCodeを使ってXCode6にカスタムUIViewを表示する

やること PaintCodeで作成したビューをXcode6のカスタムUIViewとして表示します。

SwiftのiOSプロジェクトにGoogle Analytics Services SDKを設定する方法

現時点(2014/09/16)でGoogle Analytics Services SDKのSwift版はリリースされていませんが、これから説明する手順で動作確認できたので共有します。

nginx用のLet’sEncrypt証明書をwebrootで自動更新する方法

Let’s Encryptの証明書を自動更新する cronの設定 /etc/cron.monthly/letsencryptを編集する #!/bin/sh /opt/letsencrypt …

[Swift]WatchKitで”error: WatchKit Extension doesn’t contain any WatchKit apps whose bundle identifiers match 〜”と怒られた

WatchKit対応のアプリをストア公開用にビルドする際、以下のように怒られたので対処メモです。

[Swift]UINavigationBarの背景を透明にする

いつも忘れるのでメモ self.navigationController?.navigationBar.setBackgroundImage(UIImage.new(), forBarMetrics: …

プロフィール


1972年神奈川県生まれ。ソフトウェアエンジニアとして生きています。最近はクライアントアプリからサーバーサイドまで幅広くやってます。