Washburn N4の傷を修復

ギター

Washburn N4といえばNuno Bettencourtのシグネイチャーモデルな訳ですが。

無塗装のナチュラルフィニッシュが故に木材向き出しで、傷にはめっぽう弱いのが特徴なわけです。

ちょっと油断しようものなら上記のような傷がすぐについてしまいます。

これは、立て掛けていたN4がバランスを崩して倒れたときについてしまった傷。木材に直接傷がついてしまっていますが、このような傷はもしかしたらスチームで修復できるかもしれないと思い、水を浸したティッシュにはんだごてを当ててどうなるか試してみました。

このような形で、はんだからシューシューと蒸気を発しながら2,3分ほどスチームを行いました。水分が少ないと木材に焦げ目がつくかもしれないので、水分多めが良さそうです

使用したはんだごてはHAKKOの15Wです。

スチーム後が上記の写真です。よく見ると傷があった部分のラインがまだ残っていますが、かなり修復しています。というか、何も言わなければ気づかないレベルまで修復できました。

ちなみに木材はアルダーなので、比較的加工しやすい木材が故にスチームで改善できたのかもしれません。

Washburn N4 のようにナチュラルな塗装しているモデルはこのようにスチームすることで傷が改善できる可能性があります。ぜひ、試してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました

Fatal error: Uncaught JSMin_UnterminatedRegExpException: JSMin: Unterminated RegExp at byte 90003: /Version\/10\.\d+(\.\d+)?( Mobile\/\w+)?Safari\; in /home/kusanagi/blog.takezou.com/DocumentRoot/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php:266 Stack trace: #0 /home/kusanagi/blog.takezou.com/DocumentRoot/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(152): JSMin->action(1) #1 /home/kusanagi/blog.takezou.com/DocumentRoot/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php(86): JSMin->min() #2 /home/kusanagi/blog.takezou.com/DocumentRoot/wp-content/plugins/autoptimize/classes/autoptimizeSpeedupper.php(38): JSMin::minify('!function r(c,a...') #3 /home/kusanagi/blog.takezou.com/DocumentRoot/wp-includes/class-wp-hook.php(292): autoptimizeSpeedupper->js_snippetcacher('!function r(c,a...', '') #4 /home/kusanagi/blog.takezou.com/DocumentRoot/wp-includes/plugin.php(212): WP_Hook->apply_filters('!function r(c,a...', Array) #5 /home/kusanagi/blog.takezou.com/DocumentRoot/wp-content/plugins/a in /home/kusanagi/blog.takezou.com/DocumentRoot/wp-content/plugins/autoptimize/classes/external/php/jsmin.php on line 266