iPhone XSでCarPlayを4ヶ月使ってみた感想

CarPlayApple製品
スポンサーリンク

iOS13のiPhone XSとFH-9400DVSでカーナビ環境を使ってきたので、良い点と悪い点もだいたいわかってきました。CarPlayを試してみたいけど、実際の使い勝手などが不安な方の参考になればと思います。

カーナビとしての使用感

最初にカーナビとしての使用感をお伝えしたいと思います。私は週末ドライバーのためそれほど頻繁にドライブをするわけではなく、むしろ土地勘の無い場所で運転する機会が多いためカーナビは必須でした。そんな状況でしたが、CarPlayをカーナビとして使うことで道に迷うことはあまりなく、カーナビとしての機能としては非常に満足のいくものでした。

カーナビの使い勝手などはアプリに依存する

CarPlayはスマホのナビをCarPlay側のディスプレイで表示する仕組みになっているため、スマホの外部ディスプレイがCarPlayと考えるとわかりやすいと思います。なので、道路情報やGPSの精度などはすべてスマホ側に依存します。更に言うと、スマホのナビアプリによってもこのあたりは大きく左右されます。

私はこの4ヶ月主に2つのナビアプリを使ってみました。個人的な優劣としては下記のとおりです。

1.Yahoo! カーナビ

一番良かったのはYahoo!カーナビです。実際に運転する人が知りたい情報をきめ細かく伝えてくれます。特に分岐ポイントが近づくと交差点の名前が表示されたり、一時停止や踏切の手前で音声ガイダンスしたりといったことまで可能です。(設定で無効化することもできます)

ルート案内や渋滞情報については日本道路交通情報センターから情報提供されており、国産ナビに近い精度で問題なく使用することができました。

渋滞情報(渋滞・規制情報、プローブ)を表示する
Yahoo!カーナビでは、公益財団法人日本道路交通情報センター(以下、JARTICという)が提供している道路交通情報(以下、「JARTIC交通情報」という)、および「プローブ」による渋滞情報を提供しています。 以下目次より詳細を確認したい項目を選択してご参照ください。
‎Yahoo!カーナビ
‎ヤフーカーナビはスマホで使える、本格カーナビです。最新の地図と丁寧な案内で、あなたを目的地までお連れします。 (1)道幅の広い道を優先案内 (2)交通規制や渋滞を考慮したルートを提案 (3)地図もナビも無料で自動更新 (4)高速道路の複雑なジャンクションはイラストで案内 (5)標識やオービスもお知らせ (6)自宅を登...

2.Google Map

Google MapsはYahoo!カーナビに比べるときめ細やかな作りという印象はなく、最低限の情報でしっかりとナビしますというスタンスのように感じました。ただ、私が使用している限りでは2つ問題が発生しました。

1.分岐ポイントがわかりにくい

Google Mapsは分岐ポイントが近づいても拡大表示されないため、どこで曲がったら良いのかわかりにくいケースが何度かありました。Yahoo!カーナビのように交差点名も表示されないため、手前で曲がるのか、奥の道で曲がるのかわかりにくいことがあり、実際に私はそれで道を間違えました。

2.ルートが走りづらい細道の場合が多い

Google Mapsは住宅地だろうが、田んぼのあぜ道だろうが無関係にとにかく最短ルートを計算して案内ルートを作成しているような印象です。Yahoo!カーナビは一方通行の細いような道、舗装されていないような林道などはあまり案内ルートに出てこないのですが、Google Mapsはお構いなしにルートの2拠点を最短距離だけで判別しているような感じでした。運転技術が高く、そちらのほうが都合が良いという方もいるかもしれませんが、私はストレスなく運転して目的地に到着したいのでGoogle Mapsのとにかく最短ルートで!という案内ルートはかなり微妙な感じでした。特に家族でドライブするといった場合にはどちらかというと安全なルートを優先したいです。

‎Google マップ - 乗換案内 & グルメ
‎Google マップを使って、より速く簡単に世界を移動しましょう。Google マップの地図には 220 を超える国と地域、何億ものお店や場所が表示され、GPS ナビ、交通量、交通機関に関するリアルタイムの情報を入手できます。また、食料品店や薬局をはじめとする生活に欠かせない重要なお店に関する最新情報も取得できます。...

iOSマップアプリやLINEカーナビなどは?

iOSマップアプリもありますが、Yahoo!カーナビが完成度高いのであまり出番がありませんんでした。ただし、FH-9400DVSにはマイクが接続でき、Siriで道案内することができます。その場合は必ずiOSのマップアプリでルート案内が始まるため、ごくたまにそういったケースではiOSのマップアプリを使いました。それ以外では積極的に使うことがありませんでした。

LINEカーナビは2019年12月時点ではCarPlayに未対応だったため今回は一度も使いませんでした。

CarPlayのデメリット

とはいえ、全く短所が無いわけではなく私の場合は以下の点が気になりました。

毎回iPhoneをThunderboltケーブルでつなぐ必要がある

FH-9400DVSの場合、CarPlayを使用するために毎回iPhoneをThunderboltケーブルで接続する必要があります。できればBluetoothなど無線で接続したいのですがこの機種ではそれができないようです。大した手間ではないのですが、ケーブルでつなぐのは見た目もあまり今後良くなく改善されると良いなと思っています。

電波状況が悪いとナビができなくなる

これはCarPlayというよりはスマホナビとしての問題ですが、電波状況が悪いとナビの画面が止まったようになります。特に分岐ポイント直前などでこういう状況が生じると困ってしまいます。

Yahoo!カーナビ+CarPlayで問題なく使えました

ということで、今の所Yahoo!カーナビをCarPlayで利用することでカーナビとして殆どのケースで使うことができています。通信量も半日運転して数十MB程度なのであまり気にする必要はなかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました