たけぞうBLOG

iOS,XCode,Cameraなど

iPhone6 ガジェット

[レビュー]Amazonで500円のMaxellモバイルバッテリーMLPC-1000WHMを買ってみた

投稿日:10月 4, 2014 更新日:

Amazonで500円のMaxellのモバイルバッテリーMLPC-1000WHMを買ってみたのでレビューします。

パッケージ

\"DSC_2449\" パッケージの表側です。 \"DSC_2452\" パッケージの裏側です。

付属品

\"DSC_2454\" 付属品は本体と説明書と充電用USBケーブルと変換アダプタです。 (iPhone用の変換アダプタは付属していませんでした)

本体

\"DSC_2455\" 表側 \"DSC_2456\" 裏面のラベルは下記のように書いてありました。
  • MLPC-1000WH

  • INPUT: DC5V 0.5A

  • OUTPUT: DC5V 0.5A

  • 充電式

  • ポリマーリチウムイオン電池

  • 3.7V 1000mAh(354Wh/L)

  • Max: 4Wh

  • Hitachi Maxell,Ltd. MADE IN CHINA

\"DSC_2458\" iPhone6との比較です。 \"DSC_2473\" ちょっと暗いですが、名刺ケースより一回り小さい大きさです。 \"DSC_2470\" iPhone6より薄いです。 \"IMG_1235\" 側面にはMicro USBのコネクタと充電ステータス確認用のボタンが付いています。

充電の様子

\"DSC_2462\" iPhone5やiPhone6に充電する際は、micro USB <-> Lightning の変換コネクタが必要になります。

どのくらい充電できるのか?

iPhone6のバッテリーは1,810mAh、iPhone6 plusのバッテリーだと2,915mAhです。 MLPC-1000WHMのバッテリーは1,000mAhなのでiPhone6なら約55%、iPhone6 plusだと約34%の充電が可能です。

まとめ

良い点

  • 価格が500円と安い
  • 薄い、軽いので持ち運びに便利

悪い点

  • iPhoneを充電する際には変換プラグが必要

  • バッテリー容量が1000mAhと少なめ

何日も外出する際には不向きかもしれませんが、外出中にちょっとバッテリーが足りなくなった場合などは充分な容量だと思います。 大型のモバイルバッテリーと用途に応じて使い分けるのが良いかもしれませんね。

-iPhone6, ガジェット
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Amazonで600円!iPhone6用に自撮り棒を買ってみた

リモコンシャッターやホルダーが揃ったので、流行りの自撮り棒を買ってみました。

Eye-Fi Mobiと新Nexus7の組み合わせが最強な件

一眼カメラで写真を撮って、いざPCのディスプレイでよく見たらブレていたりピンボケだったなんてことありませんか? Eye-Fi mobiと新Nexus7の高解像度ディスプレイがあればそんな失敗とも無縁に …

激安340円! iPhone5用の強化ガラスフィルムを買ってみた

世間はiPhone6の話題でもちきりですが、その影でiPhone5の強化ガラスシートがかなり安くなっていました。

CASIOの目覚まし時計 DQD-700Jが1000円以下でお得!

部屋の湿度を計りたかったので湿度計をAmazonで探していたのですが、CASIOのDQD-700Jという電波時計が温度計と湿度計も付いていたので購入してみました。
minila air

MacOS Sierra にMajestouch Minila Air USを最速で設定する

macOS Sierra+minila airはKarabinerというアプリがサポートされないようなので、⌘英かなというアプリでUSキーボードを最低限使えるように設定をまとめました。 設定内容 US …

プロフィール


1972年神奈川県生まれ。ソフトウェアエンジニアとして生きています。最近はクライアントアプリからサーバーサイドまで幅広くやってます。